愛犬のウンチが臭いと寿命が短くなる?1週間で改善する方法とは

もし、大切なワンちゃんのウンチの臭いがキツイなら危ないです!

 

「最近、うちのワンちゃんのウンチがすごく臭いんです・・・」

 

ということでしたら、下記をチェックしてみてください。

 

ウンチがユルユル。もしくはカチカチ

食糞してしまう

ダイエットが必要になった

ご飯を食べない

口臭や体臭がひどくなった

毛並みがパサパサで汚い

 

ひとつでも当てはまるようでしたら要注意です。大切なワンちゃんの腸内環境は悪化しています。

 

 

上記の症状は、愛犬の体内に異常が発生しているサインとなります。具体的には腸内で悪玉菌が多くなると、食べ物をきちんと消化できなくなり、ウンチの臭いがひどくなったり、軟便、硬便になったりします。

 

それだけならまだ良いのですが、そのまま放置していると抜け毛、アレルギー、になり、最終的には皮膚疾患、内臓疾患、ガンなどの思い病気になってしまって、気づいた時にはもう手遅れとなる可能性もなくはありません・・・。

 

 

愛犬の腸内環境が悪化する原因とは?

 

 

愛犬の腸内環境が悪いと、取り返しのつかないことになるかもしれないことは分かっていただけたと思います。

 

その原因とは、ドライフードだけを食べさせている事、ストレスが溜まっている事が大きな要因となります。ストレスが溜まると人間でも良くないので、ワンちゃんにも良くないことはなんとなく分かると思います。

 

それでは、なぜドライフードだけだと良くないかを説明しますと、「ドライフード」というものは加熱食品なのですが、加熱してしまうと腸内環境の維持に必要な、酵素と乳酸菌が死んでしまうからです。酵素と乳酸菌は、ドライフードからは摂れないのです。

 

それを裏付ける原因として、犬の死亡原因の多くが生活習慣病であることになるでしょう。

 

 

酵素と乳酸菌を摂取させるにはサプリメントが必要です

 

現代の人間の食事は栄養素が昔に比べて、かなり減ってしまっているのでサプリメントが必要だと言われています。愛犬の食事にも同じことが言えるようです。簡単に愛犬にじゅうぶんな栄養を摂らせるのに『長生きワンコ』というサプリメントがあります。

 

 

実際に、ウンチの臭いがひどくなり悩んでいましたが、『長生きワンコ』を飲ませることによって元気になったワンちゃんを飼っているかたに感想をきいてみました。

 

 

 

 

1週間でウンチの臭いに変化があり、今では臭いもほとんどなくなりました。
2年前から体調が悪くて病院に通っていました。年齢も年齢だし、悲しいけど看取る準備をしないといけないのかなと思っていました。
そんなとき、『長生きわんこ』を食べさせて3日ほどたったら・・・ウンチの臭いが少し変わったんです。さらに、2週間経ったら臭いが気にならなくなり、元気になってきました。今では毎日走り回っています。

 

 

 

ボサボサだった毛並みがツヤツヤになりました!
雨の中で鳴いていたポチを拾ってからもう4年になります。肌がガサガサしていて毛並みもボサボサです。薬が無くなるたびに病院に通っていました。
悩んでいたところ、知り合いから『長生きわんこ』の事とを教えてもらったので早速飲ませてみたところ、まず胸のあたりの脱毛がなくなったんです。
頭をわしわしすると、いつもより毛がツヤツヤです。病院に行く回数も減りました。もう『長生きわんこ』は手放せませんね。

 

 

 

あれ!?なんかほっそりしてる!
可愛いので、せがまれるままにフードをあげていたのですが、気が付くとかなりのでっぷり体系になってしまいました・・・。
なんとかしてあげないとと思って『長生きわんこ』をあげ始めたのですが、1ヶ月ほどで1kg減りました。そのまま体重を維持できているので、負担が減ったようで、表情も明るくなった気がします。それからウンチの臭いもしなくなりましたので、あげて良かったと思います^^